私の独自の筋トレ方法はビルドマッスルHMBに頼ること

ビルドマッスルHMBを飲む独自の筋トレ方法

筋肉といっても、ボディビルダーのような大きい筋肉、ボクサーのような引き締まった筋肉、長距離選手のような持久性のある筋肉、短距離選手のような瞬発力のある筋肉、など様々です。私が目指した筋肉はラグビーのバックスで使うための筋肉で、瞬発力が優先で持久性もある程度ある筋肉です。まずは自身がもともと持っている筋肉の質について知ることも大事だと思います。医学的にいうと筋肉の色身が白っぽいか赤っぽいかです。白の比率が多ければ瞬発力があるが持久性がない筋肉。赤の比率が多ければ持久性があるが瞬発力がない筋肉という事になります。これはある実験で赤、白それぞれの筋肉に電気を流してみた所、白のほうは最初は大きく反応しますが数分立つとほとんど動かなくなり、赤い方は最初から小さくしか反応しませんが、数分たってもその動きは変わりません。要するに白い筋肉は瞬発力のある短距離向け筋肉、赤いほうは持続性のある長距離向けの筋肉ということになります。白筋肉はボディビルのような大きい筋肉をつけたい方に向いているでしょうし、ボクサーには赤い筋肉が向いているのではないでしょうか?実際に自分の筋肉を調べてもらうという事になると多少手間ですが、自身の育った環境や経験してきたスポーツなどの結果を踏まえて考えるとなんとなく判断が付くと思います。私の場合小学校時代は野球で1番ショート打率5割で盗塁が得意、中学時代に陸上の短距離と長距離を両方併用しましたが、50m走は5.8秒、100mは11.5秒、1000m2分43秒、1500m4分、5000m17分、スポーツテストでも主に握力、背筋力、垂直とびの記録がずば抜けていたため、自身は白い筋肉で瞬発力があるが持久性が劣る筋肉というように理解してきました。ビルドマッスルHMBを飲んでからラグビーをする上で優先的ににしたのが、脚の速さを保つためウェイトをつけすぎないこと、握力やハンドオフ、タックルのための腕力をつけること、でした。そこで考えたのが、まずはベースとしての筋肉つくりです。筋肉で5kgほど体重を上げたかったのですが、まずウェイトトレーニングの方法ですが、自分の5割くらいの力で持てる重量を30回5セット、これをベンチプレス、カール、スクワットなど様々なトレーニングで行います。要するに大きい筋肉をつけるには、全力で重いものを持つのではなくある程度の力で数ををこなす事かと思います。ある程度筋肉のベースが付いてきたら、実際の腕力、筋力を鍛えるため自身の100%でもてる重さを3回3セットくらいから始めます。これを繰り返し日々行っていくと徐々に回数が5回3セット、10回3セットと伸びて来ると思います。15回3セットができるようになった時点で重さを全力で3回程度しかもてない重さに変更します。これを繰り返す事でおのずと腕力筋力が上がっていくとおもいます。またこれは独自の理論ですが、他の人や一般的にマニュアルとしてない筋肉の動きを取り入れた筋トレがおすすめです。普段のマニュアル筋トレではない筋肉の動きは必ずといっていいほどあります。例えばカールの逆バージョンです。前に向けて上腕筋肉を鍛えるカールは一般的ですが、ビルドマッスルHMBを摂取して背中側にむけた動きはありません。これを併用して鍛えていくと他の人と差が付くことになります。腕立て伏せ1つにしてもただ単にやるのではなく、様々な角度、手の位置、うでの開き、手の向き、いろいろ変えて試してみてください。これは楽、これはきついと思う姿勢が数多く出てくるはずです。楽ににできる筋トレではなかなか筋力は育ちませんし、他の人との差もできにくいはずです。自身がこの体勢はきついと思う姿勢を常にみつけてはその姿勢が楽になるまで徐々に数をこなしていくと他者とも差がつきやすいのではないでしょうか?実際私はチームメイトがひたすらマニュアル筋トレを繰り返しやっているのを横目に、ひそかに誰も見たことも無いような、一見奇妙な動きの筋トレを行っていました。結果さほど強いチームではありませんでしたが、私だけが県の代表選手に選ばれました。一概に筋トレだけの結果とは思いませんが、私のなかではこの筋トレ方法は人と差をつけるため一躍あったのではないかと思います。最後に食べ物についてですが、基本肉ですね。筋肉も肉なわけですし、肉を食べることが筋肉に影響があるのは確かにあると思います。チームの重量級には1回に卵5個をプロテインを一気飲みという方法を毎日行っているものもいましたが、フォワードで90kg以上体重もあったので脚はおそかったです。食べ物はさほど気にせず、よく食べ、水分補給(1日3リットル)を心がけよく休み、よく運動し、そして上記で伝えた筋トレ方法を行う事で、筋力、腕力、瞬発力がありある程度持久力もある筋肉になると思います。
結局はビルドマッスルHMBをしっかりと飲み続け、筋トレも続けていく。これにつきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です