ビルドマッスルHMBはスタミナをつける事もできてしまう!

スタミナをつける方法は筋トレとビルドマッスルHMBで決まりだ!

普通に長時間走るだけだとあまり意味がなく、スタミナはつかないです!スポーツにもよるのですが、自分がやっていたのは、走って、休憩、走って、休憩を何回もやりました!走るのもそれなりに早く、休憩もジョギング程度でした!やってみたらけっこうしんどいですよ!

筋トレの何が一番難しいか?結局のところ継続だと私は思います。私自信の体験として、やっぱりコレが一番難しいか難しい、当たり前ですが、1日で腹筋が割れる、なんてことは不可能ですし、何か成果が上がるなんてことは、そう簡単には実感できないのです。
ではどうすれば筋トレ継続し、効果を挙げられるのでしょうか?私実践し成功にに導けたのは2点の理由が挙げられるかと思います。

まず一つに筋トレを実践、継続する飢えでの基礎体りょづくりです。何故筋トレするのか、これは人それぞれかと思います。腹筋を割りたい、それ以前に痩せたい、だから基礎代謝を上げよう。ただここで重要なのは、割れたら腹筋や引き締まった体をもつ方に筋トレは必要なのでしょうか?逆説的にいいましょう。今まで継続して筋トレを実践できなかったからこそ、いまの現状があるのです。それは筋トレはきついですよ、筋肉は負荷をかけて壊して、その回復によって、より強くなる。これはどなたでも知っていることでしょう。でも筋肉痛や筋トレを快感と感じれる方は極小数かと思います。私が考えるに、それを感じられるのは、筋トレがきつい、続かない、それ乗り越えた人たちだからです。

ではどうすれば筋トレが続くのか、あくまでも私の体験例ですが、とりあえず走りましょう。
えっそんなこと、と思うことでしょう。ただここで走りとは、歩くスピードでも良いのです。走りながら、歩きながら、重要なことは、会話しながら続けられるスピードで、さらにはスピードよりも距離および走行時間が重要なのです。有酸素運動については今更語る必要もありませんが、まずこのウォーキング及びランニングを毎日続けてみましょう。1kmしか走れないならそれでも良いのです。1kmに何分掛かろうがそれでも良いのです。続けることそれが大事です。

私はこれ3ヶ月とりあえず続けました。その結果として、初める前と比べて持久力、最初は1kmも正直辛かったのが、その頃には、時間は掛かるとはいえ、10km以上毎日走れるように至りました。
まずはベースとなる体作り、これが重要です。ビルドマッスルHMBを使ってスタミナをつけるのです。

さぁここからは簡単です。この状態に成れば、あなたは多少のトレーニングに耐えられる体になっているはずです。筋トレを継続して上で重要なこと1点は筋トレを続けるための体作りといいましたが、もう一つは、筋トレの成果を常に把握するということです。人間は弱い生き物です。常に結果を求めてしまい、効果がでなければ諦めてしまいます。私が実践したことは、ベースとなる体出来上がったあとは、毎日自分の体を写メで保存するしました。毎日ランニングを続けた結果として、その時点でそれなりの体なっているはずです。でもここからが大事です。いや、ここまで続けられたなら、あなたはさらに上を目指しているはずです。ベースとなる体づくり、その後は、自分の体を客観的に見てください。自分の足りない部分が見えてくるはずです。それに対応するための、モチベーションここまできたらすでに備わっているはずです。

ビルドマッスルHMBは最高という事が分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です